MENU

アイキララのメリット&デメリット?メリットばかりじゃなかった!?

アイキララ,デメリット

 

 

目の下の薄くなってしまった皮膚やたるみ、暗さを改善し、目元を明るくスポットライトを当てたように若返らせてくれる効果があるというEYE KIRARA(アイキララ)。アイキララのHPの中の口コミでは、やはりいいことばかりが書かれていますので、「メリットだけあるのでは?」と思いがち。だから、これを見た方は、当然期待して買うと思うんです。

 

 

でも、実はアイキララは、メリットだけではなくてデメリットもあるんです。今回は、メリットとデメリットをいくつか挙げていきたいと思います。このアイキララが気になっている方は、参考にしてみてくださいね。

 

 

 

アイキララのメリット&デメリット?

 

アイキララのデメリット

 

入手方法が通販のみ

アイキララは、ドラッグストアの販売はしておらず通信販売のみ行っています。ですので、すぐ使いたくても注文してから数日かかります。1日の販売数量が限定されていることもあり、長い時は届くまでに数か月かかることもあるそうです。

 

 

クリームの浸透が遅い

クリームの浸透が遅い、というデメリットがあります。夜は時間があるのでまだ良いですが、朝はお化粧もしなければいけないことが多いため、浸透していないと化粧が乗りにくくなります。浸透するまで少し時間を置かないといけません。

 

 

 

アイキララのメリット

 

目元が明るくなる!

アイキララに含まれる有効成分が、皮膚痩せやたるみが起こってしまった目の下に働いて「ふっくらしたハリ」を出させます。それによりクマも目立たなくなり、目元を明るくします。

 

全額返金保証あり

初回注文時のみ、15日以上使っても効果が現れなかった場合は、届いてから「25日以内に全額返金」してもらえる制度があります。

 

 

 

 

確かに、気軽に行けるドラッグストアに売っていればいいですが、登録などの手続きが必要な通販は少々面倒ではありますね。でも、リピートする場合は定期便があるようなので、そちらを選択すれば、毎月の手間は省けるようになると思います。

 

 

初めて使う方は、浸透が遅いという点があるみたいなので、朝は余裕をもって身支度をし、しっかりと毎日、使ってみましょう。いつものスキンケアにプラスαの工程を入れなければならないので、少し時間がかかってしまいますが、目元が明るくなると思えばきっと頑張れるはずです。

 

 

年齢が出てきた目元が気になるあなた。全額保返金証があるので、最初は半信半疑でも使ってみることをおすすめします。

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ