MENU

目の下のクマとお肌のシミは何が違うの?対策法は?

クマ,シミ,,違い

 

 

年齢とともに気になり始めるクマやシミ。目の下のクマとシミは何が違うのでしょうか。そもそもクマは血行不良などによる青クマ、たるみやくすみによる黒クマ、メラニン色素の沈着による茶クマがあります。

 

 

例えば頬などにできるシミは、茶クマと同類と言えます。なぜなら、どちらもメラニン色素が関係しているからなのです。青クマや黒クマは、メラニン色素は関係なく、お肌の皮膚痩せ、ハリ不足などが原因で現れます。

 

 

シミは、若い頃から蓄積されたメラニン色素が浮き出てきているものですが、何が原因でシミが発生しやすいかと言えば、紫外線です。もちろん誰でも、紫外線をたくさん浴びてしまうとシミができやすくなるというのは、聞いたことがあると思います。

 

 

ですので、シミ対策には、毎日の紫外線対策と美白ケアが大切になります。紫外線は寒い時期はないように思うかもしれませんが、紫外線は年中降り注がれているものです。たとえ家の中にいたとしても、「今日は家の中だから、日焼け止めは塗らなくていいや」というのは大違い。紫外線は、窓を通過して部屋まで入って来ているので、家の中にいても紫外線対策を行うようにしましょう。

 

 

また、シミになる原因に、ストレスがあります。ストレスが加えられることによって、細胞を酸化させてしまう活性酸素が発生してきてしまい、シミの原因を作り出してしまいます。肌のサイクルが狂い、ニキビができてしまうことにより、ニキビ跡がシミになってしまうこともあります。若くても、シミが出てきてしまった場合は、もしかするとストレスやニキビが原因なのかもしれません。ですので、休みの日だけでもストレス解消ができるよう、自分が好きなこと、リラックスできることを行うようにしましょう。

 

 

また、不規則な生活も、活性酸素を発生させてしまう原因にもなります。美肌を簡単に手に入れる方法は、睡眠を十分にとることです。規則正しい生活を心掛けることで、日々の積み重ねで美肌へと改善していくはずです。すでにできてしまったシミに関しては、美白化粧品を使い、日ごろから日焼け止めを塗るなどの紫外線対策をして、それ以上悪化しないよう努めましょう。

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ